クリエイター

小倉夏海 / グラフィックデザイナー / 入社4年目

クリエイター担当者
クリエイター担当者
クリエイター打合せ
クリエイター集合写真
クリエイター談笑
クリエイター打合せ
クリエイター作業風景
クリエイター作業風景
小倉夏海 グラフィックデザイナー 入社4年目

─どんな仕事をしていますか?

お店の販促物(ポスター・DM・ポップ)の作成、WEBサイトや広告のデザイン全般の作成、nobitelのブランド全てのデザインを担当しています。

─なぜnobitelに入ろうと思いましたか?

実は、姉がたまたまこの会社ですでに働いていて、いつも姉の話を聞いてたのがきっかけなんです。
当時私は、広告代理店やデザイン制作会社など色々ある中で、サービスから一緒に作り上げるような仕事がしたいと思ったんです。
特にインハウス・・・色んなブランドをもっている会社でデザイナーとしてたくさんの人と関わりながら仕事をしたかったので、そんな会社を探していました。
実際にエントリーしてみたら、風通しがよくて、若い人たちもいて、自由な社風が私にあっているなと感じ、入社を決めました。

─4月から新卒で入社したのですか?

新卒で入社するまでに期間があったので学生をしながら週2・3回nobitelでアルバイトをさせてもらってました。
最初ほんとになんにもできなくて・・・(笑)大学でデザインの勉強をしていたけど、ソフトなど全然出来なかったので働きながら勉強させてもらっていました。
こんなに何も出来ないのに受け入れてくれる会社があるんだって思って・・・(笑)
そのとき言われたのは「小倉ちゃんは人柄で採用したって言っても過言ではない。センスはあるし技術はこれからついてくるから」と言ってくださったのが嬉しかったし、技術はこれから磨いていこうと思って泣きながら必死に頑張りました(笑)

─入社してからのギャップはありましたか?

ギャップは感じてないですね、会社のイメージは最初から変わらないでずっと自由に働かせてもらってるし、もっと自由度が増した気がします!
私は入社当初は考えることができなくて、言われたことをこなす仕事をしていたけど、自分で考えてやる楽しさを教えていただきました。自分で考えてやることに自由と責任は伴うけど、その方が楽しいしやっている感もあります。
最近では大きいプロジェクトだったり、任せてもらえる事も増えてきているので、なりたい自分に近づけてる気がします。
いい意味でギャップがありました。一緒に働いている先輩が凄く楽しそうに仕事をしているので、そういう環境なんだと思いました。

─この先やりたいことや夢はありますか?

仕事では、世界観を出せるデザイナーになりたいですし、ブランドをよりよく見せるためにディレクションもしてみたいなと思います。
プライベートでは世界一周したいです。行ったことがないところに行ったり、自分の価値観や固定概念と違う人達と関わって自分の視野を広げたいです。

─デザイナーをやっていくうえで必要な要素はありますか?

スキルはアドビのソフトを使えることですね。
働く上では、前向きに捉えられるかどうかが大事だと思います。デザイナーって作って確認してフィードバックをもらうことがすごく多いんです。
そのフィードバックは、自分のスキルをあげるためや案件がうまくいくためのフィードバックなので、デザインがうまくいかなくて辛い次期があったり、先輩にたくさんアドバイスをもらったりしますが、それをポジティブに受け入れられる要素は大事だと思います。

─あなたにとって仕事(デザイン)とは何ですか?

人生を豊かにしてくれるものです。
何事もバランスで、遊びだけ、仕事だけではつまらないと思うんです。遊ぶためには仕事が必要で、仕事をするためには遊びも必要で全部ひっくるめて人生を豊かにしていくことだと思います。
どれだけ仕事を楽しんで、成長して、社会に貢献していくか。結果、人の役に立てた時に仕事は人生を豊かにしてくれるものだと思います!!!
楽しんでて、しかもそれが誰かの役に立ててるってサイコーじゃないですか?