コアバランスストレッチトレーナー

佐藤玲香 / Dr.stretch町田店勤務 / 入社5年目

カウンターでご予約の確認やお客様情報の共有をします。
お客様に満足して頂くためにストレッチ中はみんな真剣です。
より良いサービスを提供するために毎日朝礼や終礼で振り返りをします。

─今までのキャリアを教えてください

もともとほかの会社でもトレーナーをやっていました。
昔から誰かの役に立ちたいという思いが強くて、自分自身もトレーニングするのが好きだったんですよね。
でも働いていて、もっと出来ることの幅を広げたいなーと思っていたタイミングで友達からの紹介があってここに入社しました。

─普段はどんな仕事をしていますか?

実は私、去年店長になったばっかりなので、普段はトレーナーのお仕事以外にもスタッフさんとMTGをしたり練習したり…あとお店の集計とかもやってます。

─ストレッチトレーナーってどんな事をするんですか?

えーっと…、お客様にストレッチをかけますね。

─すごい簡潔ですね(笑)もう少し詳しく教えてもらえますか?

あ、スミマセン(笑)
例えば「腰がつらい」とか「肩がつらい」というお客様に対して詳しくヒアリングをして、実際に体の動きをチェックしていきます。お体が硬い方も多いので声をかけながら無理のない範囲でストレッチをかけていきます。またご自宅でのケアについてのアドバイスも行い、お客様の健康のお手伝いをします。

─この仕事をしていて一番やりがいを感じる瞬間はなんですか?

それはまぁお客様の喜ぶ顔ですね。体感が出たときにガラッと表情が変わる瞬間があるんですよ。来た時と別人みたいに笑顔で帰るときはやっててよかったなぁって思います。
「今日本当に来てよかった!ありがとう」って言ってもらえた時はうわーーーってなります。言葉にならないというか…うん。本当やっててよかったなぁって思います。

─佐藤さんはインドネシア野球キャラバンにも参加しましたよね?

はい!まだ店長になる前に参加しました。ストレッチを教えるだけじゃなくて野球道具を集めて配布しにいきました。
昔、私はソフトボールをやっていたので、野球というスポーツから学べるコミニケーションだったり…そういうのを海外の子達に伝えてあげたいって思ったのがきっかけです。

─また行きたいですか?

そりゃあもう行きたいですねぇ。
向こうの人たちってすごい温かみがあって知らない人にも笑顔で挨拶したりとか、文化の違いを知れたのもいい経験になりましたし、このインドネシア野球キャラバンに参加して、今まで自分が限られた枠の中で選択をしていたんだって気づかされたんです。小さい子が家族のために仕事してたりとか、野球道具がないから自分で木を削ってバット作ってたりとか。子供たちに色々気づかせてもらいました。

─今後のキャリアプランはありますか?

育成トレーナーっていう仕事があって、それを目指してます。
入社してすぐに技術だったり接客を教えてくれるのが育成トレーナーなんですけど、働いている姿がやっぱりカッコよくてキラキラしている印象が今でも残ってます。
私が落ち込んだ時とか行き詰ったときに育成トレーナー達が一言くれるだけで頑張ろう!って前向きな気持ちになれるんですよね。私の入社当時、研修生も結構人数いたのに一人一人をちゃんと見てくれていたのも憧れるポイントです。

─どんな人に入社してもらいたいですか?

仕事の楽しみ方を見つけられる人とか仲間と一緒に何かをするのが好きな人ですね。
私が働いているDr.stretch町田店はすごくアットホームなお店なんですよ。お客様想いなスタッフさんが多くて自分の指名以外のお客様にも話しかけに行ったりします。なのでそういう空気好きだな、とか全員での接客を楽しめる方がいたら大歓迎です!